制汗剤について

制汗剤は旅行の必需品!でも、飛行機に持ち込めるの?

投稿日:

9b8ca344b7a30a8cdd88d564f2d39350_s

脇汗っかきにとっては、日本中・世界中どこにいようとも制汗剤は必需品です。旅行や出張で飛行機に乗る場合、空港で厳重な荷物検査を受けなければなりませんが、制汗剤の持ち込みはできるのでしょうか。

 

制汗剤は機内持ち込み可能

飛行機で運ぶ荷物には2種類あります。手荷物として機内に持ち込むものと、スーツケースなど預け入れする荷物です。

ANA、JAL、バニラエア、Jetstar、Peachに確認してみたところ、各社ともに制汗剤の持ち込みは可能ということでした。

ただし、国内線と国際線では、持ち込み荷物に関しての規定が異なります。

制汗スプレーとロールオンタイプの制汗剤は液体物扱いになるので、液体物の持ち込み規定に従う必要があります。

 

国内線の場合

国内線は、機内に手荷物で持ち込む場合でも預け入れの場合でも、「1つの容器あたり0.5kgまたは0.5リットル以下、一人あたり2kgまたは2リットルまで機内持ち込み可能」というのが各社共通の規定です(航空法による規定)。

この「1つの容器あたり0.5kgまたは0.5リットル以下、一人あたり2kgまたは2リットル」というのはかなりの大容量です。なので、他の化粧品等と合わせてもこの容量をオーバーすることはないはず。また、特別な梱包もする必要はないので、制汗剤をそのままバッグやスーツケースに入れて飛行機に乗ることができます

 

国際線の場合

制汗剤を持って国際線に乗る場合には、少しだけ注意が必要です。

預け入れをする荷物の場合は、各社ともに「1つの容器あたり0.5kgまたは0.5リットル以下、一人あたり2kgまたは2リットルまで」という規定でした。なので、制汗剤を機内に持ち込まない場合には、そのままスーツケースなどに入れて預けてしまえばOK。

ただ、手荷物として機内に持ち込む場合には、航空法で次のように規定されています。

「100ml(g)以下の容器に入れて、1リットル以内の容量のジッパー付きの透明のプラスチック袋(ジップロックのようなもの)に入れる」

化粧品などと同じ扱いですね。手荷物検査のところで、他の荷物とは別に係員の人に見せて安全性を確かめてもらう必要があります。

特にスプレータイプのものは容器が大きいものだと容量オーバーになる可能性が高いので、機内持ち込みにする場合は携帯用の小さいものを持っていくようにしましょう。

 

旅行のときは小さめの制汗剤を!

6a843a0bbfd460b802833169c9959d6b_s

飛行機に乗るときにも、制汗剤を持ち込めることは分かりました。これで旅行や出張のときも安心ですね。

ただし、特に国際線を利用する場合には、できるだけコンパクトなタイプのものを持って行った方がよさそうです。また、もちろんスプレータイプも持ち込みOKですが、個人的にはスティックタイプやロールオンタイプにしておいた方が気分的に安心な気がします(笑)。

旅行先では、ふだんよりもたくさん歩いたり、いつも以上に緊張感があったりするので、環境的には汗をかきやすいと言えます。せっかくの楽しい旅行を思い切り楽しむためにも、制汗剤を忘れずに持っていくようにしましょう!

-制汗剤について

Copyright© 脇汗解決大百科 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.