デトランスαについて

デトランスαには副作用もある?正しい使い方でしっかり制汗!

更新日:

大量の汗が出るを上手に防いでくれる「デトランスα」。今まで色々な制汗剤を試したけれど、何を使っても脇汗の染みを解決できなかったという人にこそ、一度試してもらいたい制汗剤です。

ただ、輸入商品ということもあって、「本当に肌に塗っても大丈夫なのかな?」とか「副作用が心配」という人もいるのではないでしょうか。

 

デトランスαには副作用がある?

デトランスαに限らず、体に直接塗るものである以上、体質によっては多少の異変が起こる可能性はあります。

ここでは、私がデトランスαを実際に使ってみて感じた変化と、実際に使っている多くの利用者の声から検証してみます。

塗るとかゆみが出る

デトランスαには、有効成分としてアルミニウムクロリッド(塩化アルミニウム)が含まれています。

アルミニウムクロリッドは、汗(水分)と反応することで汗腺にフタをします。こうして汗腺がふさがることで、汗の量を抑えるのです。

そして、このアルミニウムクロリッドが汗と反応するという一種の化学反応が起こる際に、人によっては刺激を感じることがあるのです。

実は私も初めてデトランスαを塗ったときには、脇の下にかゆみを感じました。ただ、強烈なかゆみではなく、なんとなくくすぐったいようなちょっとした違和感で、それも長時間続くようなかゆみではありませんでした。

実際、@コスメのデトランスα口コミを見ても、「塗ったあと少しかゆみが出た」という人や「ものすごくかゆい!でも汗が出なくなるからやめられない!」というようなことが書いてあるレビューを見つけることができます。

このことから、多少なりとも「かゆみ」が出ることは想定して使った方がいいでしょう。ただ、使い続けるうちにかゆみも出なくなったという声は多いです。

また、敏感肌の人はかゆみが強く出る可能性もありますので、汗が出てしまうのは多少我慢して別の制汗剤を使った方がいいかもしません。

 

塗るとトイレが近くなる

この意見は他の利用者の口コミでは見つけることができなかったのですが、私個人としてはデトランスαを塗るようになって、少しトイレが近くなった気がします(笑)。

上でも書いたように、デトランスαの作用としては、アルミニウムクロリッドが汗と反応することで汗腺にフタをして、汗が出るのを防ぐという仕組みになっています。

脇の汗腺から「汗」として体外に排出されるはずだった水分+老廃物は、脇にフタをされてしまったために別の出口から体外に出されることになります。それが体の他の部分から出る汗だったり尿だったりするのです。

仕事の事情などで頻繁にトイレに行くことができないなんて人は少し注意する必要があるでしょう。

 

デトランスαの正しい使い方

デトランスαは、いわゆる「ロールオン」タイプ。ただし、成分が強めなので、最初は脇の下に直接ゴリゴリ塗りつけない方がいいですね。

まずデトランスαを付けるのは、。お風呂に入って脇を清潔に洗っておいてください。

デトランスαをティッシュやコットンに染みこませ、それを脇の下に軽く塗ります。

よく乾かして、そのまま就寝。

翌朝、ウェットティッシュで脇をきれいに拭き取ります(シャワーで洗い流してもOK)。

最初のうちは1日1回塗りましょう。他の制汗剤のように、1日に何度も塗り直す必要はありません。そして、汗の出具合にもよりますが、1週間くらい毎日塗り続けたらだんだん塗る間隔を空けていってもOK。1週間~10日に1度塗るだけで大丈夫になります

「本当に夜1回だけで大丈夫なの??しかも朝洗い流しちゃったら効果が消えるんじゃない??」と不安に思うかもしれませんが、心配はいりません。この正しい使い方をすれば、かゆみも最低限に抑えることはできますし、汗もしっかりとガードすることができますよ!

今なら、デトランスαを初めて申し込むと「敏感肌用デトランスα」のお試し(2週間分)が無料でもらえるキャンペーンをやっていますので、そこで「普通肌用」と「敏感肌用」両方試してみて、自分に合う方を使い続けるというのがベストではないでしょうか。

定期コースなら初回999円で普通肌用と敏感肌用を試してみることができます(最低4回の継続が必要)>>デトランスα定期コースを申込む

単品購入でも敏感肌用のサンプルがもらえるキャンペーン中です>>デトランスαを単品で購入する

 

こちらの記事もどうぞ!

>>「デトランスα」を実際に使った効果をレビュー!

>>デトランスαをキャンペーン価格で激安購入する方法

 

-デトランスαについて

Copyright© 脇汗解決大百科 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.