Ban

「Ban デオドラントパウダースプレー」を実際に使った効果をレビュー!

更新日:

mTAJQqrUsGkvwuv1468977152_1468977157

50年以上の歴史がある超ロングセラーの制汗剤「Ban」。その中でも、このスプレータイプは一度は使ったことがある人が多いの ではないでしょうか。

 

「Ban デオドラントパウダースプレー」の特徴

有効成分:酸化亜鉛、クロルヒドロキシアルミニウム、イソプロピルメチルフェノール

他の制汗剤では見慣れない「酸化亜鉛」。この商品では「ナノイオン微粒子」と言われているものですが、これがニオイ分子を吸着して消臭してくれるのです。デカデカと商品に貼られている「ナノイオン消臭」がまさにこれですね。

そして、汗を抑えるための有効成分として、クロルヒドロキシアルミニウムが使われています。この成分が汗の出口をふさいで、汗が外に出るのを抑えます。制汗効果が比較的高くて、なおかつ肌への刺激が少ない成分なので、制汗剤の中では一番よく使われているかもしれません。

イソプロピルメチルフェノールは殺菌・消臭成分です。汗が雑菌と混じり合って不快な臭いを発するのを抑えてくれます。

効能効果は、「皮ふ汗臭、わきが(脇臭)、制汗」。酸化亜鉛を配合している点から見ても、消臭に重点を置いた商品と言えます。

価格はドラッグストアで498円(購入時の価格)でした。ただし、特別パッケージで、なんと135gと45gの大小2本セットでこのお値段です。安い!(笑)

 

「Ban デオドラントパウダースプレー」の制汗力をいざ検証!

さっそく「Ban デオドラントパウダースプレー」の効果を検証します。

vY1m1jxKVwfm_2s1469753104_1469753117

*すべての制汗グッズの効果を公平に測るため、「気温28~30度の室内で、踏み台昇降運動を15分行ったあとの脇汗の状態」を、Tシャツの脇汗染みの大きさ(写真付き)で検証しています。

**私は脇汗の量がかなり多いです。そのうえで、実際に使ってみた個人的な感想です。こうした点を踏まえて参考にしていただければと思います。

つけ心地・使いやすさ

スプレータイプは直接脇に塗りつけるわけではないので、吹き付けるときにムラが出る可能性はあります。吹き付けすぎにも注意が必要ですね。すぐに乾きますし、白残りはありませんでした。せっけんの香りがほんのりついています。

NqVtWEovGXGTc6T1469753138_1469753144

脇汗の量は?

室温29度で15分間踏み台昇降をしたあとのTシャツのようすです。

LbpZxsyzxzaKJkf1469753162_1469753176

かなり汗はたくさん出ています!どちらかと言うと消臭に力を入れている商品なので、致し方ないかもしれませんが...ほぼ、何もつけていないときの私の汗の量と同じです(笑)。外を歩いていたら、振り返られるレベルの脇汗の量ですね。右も左も胸の前面あたりまで汗染みが進出してきています。

スプレータイプということもあって、肌への密着度がいまいちな気がしますね。

臭いは?

こんなに大量の汗をかいていますが、乾いたあとの臭いを嗅いでみると、ほぼ無臭です。消臭効果はかなり高いと言えるでしょう。せっけんの香りもそこまで気になりませんでした。

 

実際に使ってみた「Ban デオドラントパウダースプレー」の評価は!?

制 汗 力:☆☆☆☆

消 臭 力:★★★★

コ ス パ:★★★☆☆

つけ心地 :★★★☆☆

使いやすさ:★★★☆☆

総 合 力:★★☆☆☆

 

スプレータイプなので仕方ないとは思いますが、汗はほとんど抑えられませんでした!しっかりと脇めがけてスプレーしたつもりでも、ちゃんと肌に密着していなかったのかもしれません。

ただ、消臭力は強力。独自のナノイオン消臭(酸化亜鉛)の効果はかなり高いと思います。「汗は出てもいいから、汗臭さをどうにか抑えたい」という人向けの商品と言えるでしょう。

 

汗っかきの私でもピタっと脇汗が止まった制汗剤はこちらの記事:>>【使用レビュー】「デトランスα」で脇汗は止まる!?実際に使って脇汗の量を調査!で紹介しています

本気で脇汗を止めたいと思っている方は参考にしてみてください。

-Ban

Copyright© 脇汗解決大百科 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.